Black Diamond SPOTLIGHT BIVY


9月の後半の夏休みも取れるか分からない状況でイライラと憂鬱な気分を発散するべく三鷹の店に行ってきた。

ま、ただ欲しかったのと上記のことも重なりなんしか理由を付けてBivyを購入。

ファーストインプレッション
このBivyは頭部にポールを入れ、頭頂部に空間ができる。廃盤になったLIGHT SABREの後釜だ。
(LIGHT SABREは欲しくてかなり悩んだが結局未購入)
LIGHT SABREは3本のポールにより、頭と足元に空間ができ、足元にもメッシュが貼られ換気を促す作りになっていたがSPOTLIGHTではそれはなくなり、足元上部にフープが付きストックなどを使いガイラインを張り足元のクリアランスを確保するようになった。

さっそく庭と呼べない庭にセットし、目止めを行なった。
b0198733_21152150.jpg

b0198733_2138975.jpg

LIGHT SABRE同様、大きなメッシュが付き十分な換気が得られるような作りになっている。
頭部の縁にはワイヤーが仕込まれており、ポールが無くても立ち上がったがシワ無くきれいに張るならやっぱり必要で、シワがあれば風のバタつきも気になり耐風性も落ちるだろうから持って行ったほうが良さそう。

b0198733_21464066.jpg

足元の立ち上げ部分。
足元はきれいに換気しないと結露もひどそうだが、実際、山で寝てもそんなうまく換気できないし、もともと足元は寝袋含め暖かくなりにくく、結露発生の温度がややこしい場所なので結露を出さない努力より、寝袋を濡らさない工夫をした方が現実的な気がする。

b0198733_21535461.jpg


横にガイライン張れないので縦方向のシワが気になる。

目止めが終わり、数時間後、風もよく出ていていい感じだったのでマット、寝袋、枕、文庫本を持ち、とりあえず中に入ってみた。
(朝まで寝る気満々で)

まーー暑かったw
予想はしていたがシュラフを使わなくても汗だくになり1時間もせずにクーラーに当たり文明のありがたみを感じてしまいました・・・。

この記事を書いてる現在、とりあえず3連休は確保できた。
三鷹の主人と話をしていた、八ツ方面に現実逃避に行く予定。

このBivyに関しては詳しく書かれているのでどうぞ!!
[PR]
by ishizucca | 2010-09-07 22:16 | SHELTER
<< 北から南へ八ヶ岳 オリジナルBACKPACK2号 >>